記事の編集ページから「お薦め記事」を5つほど選択してください。

葬儀費用の相場をご存じですか?

葬儀に出席したことがある方は多いと思いますが、葬儀費用についてはよく知らない方も多いと思います。
そもそも葬儀はそれほど頻繁にあるものではないですし、自ら葬儀を手配することも少ないとおもいます。
でも、いざというときに葬儀費用がどれくらいかかるのか、費用相場はどれくらいなのかは知っておいて損はありません。
葬儀費用の相場を知らずに適用な葬儀社へ葬儀の依頼をして、相場価格より高い金額になってしまうのは避けたいですよね。
もちろん、亡くなった方の為の葬儀ですから、お金をケチることはしたくありませんが、だからと言ってただお金だけかければよいというものではありません。

葬儀

葬儀費用の内訳

葬儀費用は

・式場使用料
・火葬料金
・祭壇の料金
・お棺の料金
・飲食接待費
・お布施

主にこのような内容となります。
この中で式場や飲食接待費は葬儀にどれだけの人を呼ぶかで変わってきます。
もちろん人数が多くなればそれだけ費用も掛かります。
そこで、最近はなるべく葬儀費用を抑える為に身内だけで行う家族葬やお通夜なしの一日葬、火葬のみの火葬式などもあります。
参列者50人ほどの一般葬が平均90万円前後かかるのに対し、火葬式なら平均2万円前後となるのでかなり差があることがわかります。

全国の葬儀費用相場

葬儀費用の相場ですが、全国平均は188万円ほどとなります。
もっとも葬儀費用相場が高いのは関東で約210万円、もっとも安い地域は四国で約135万円となっています。
葬儀を行うにあたって、相場金額を気にして行う必要はありませんが、普通に葬儀社に頼んだ場合にはこれくらいはかかるという目安にはなります。

香典で葬儀費用は賄える?

香典

葬儀を行うと参列者の方から香典を受け取ることになります。
香典の金額は自分と亡くなった方との関係性によっておおよその目安金額が決まっています。
職場の方や友人が一番安くて5000円、その次は叔父や叔母と祖父母で10000円から30000円、もっとも高額なのは両親で100000円となっています。
結婚式のご祝儀は「4」「6」「9」や割れる数字(偶数)はNGと言われています。
香典の場合も「4」や「9」はNGなので気を付けましょう。
また、香典で葬儀費用をすべて賄うことはできるのでしょうか。

例えば参列者50名ほどの一般的な葬儀を行ったとします。
この場合、葬儀の相場金額から推定すると費用総額は90万円ほどとなります。
次に香典ですが、一人当たり平均1000円で計算すると
7000円×50名=700000円になります。
この時点でマイナス200000円ですが、さらに後日香典返しを送るのでもう少しマイナスは膨らむと考えられるでしょう。

では、葬儀は香典をもらっても必ず赤字なのかというとそんなことはありません。
先ほどの葬儀費用の総額はあくまで平均価格です。
葬儀費用をもう少し落とすことができれば赤字にならずに葬儀を行う事ができます。
そんな事ができるのかという点ですが、お葬式を安く行いたいと考えている方は意外と多いので、割安の葬儀プランがある葬儀社も案外見つかるものです。

お葬式 安い

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし